家づくりのポイント

室内の配色

家づくりでも結構悩むのが、室内の配色のバランス。内装材をどれにするかで

内部の仕上がりに違いがでます。配色のバランスで躍動的な室内にもなりますし

落ち着いた雰囲気の室内にもなります。当然、明るさの明度や素材の鮮やかやの度合い

を示す彩度によっても雰囲気が違ってきます。

床材を明るめの色、壁と家具を白系にすることで、爽やかな感じの雰囲気に

床材を暗めの色、壁材は白、カーテンを紺系色などでは落ち着いた雰囲気に

部分的に色合いの違いをはっきりすることで快活な雰囲気に

(ただし面積は絞ってアクセントで使うことがポイント。)

全体にくすんだ色合いの構成では、室内のメリハリが無い分、広い空間の雰囲気を演出できる。

また、色の組合せの表現として、同系色は濃淡でオーソドックスな表現に、反対色ではインパクトを出したい場合はお奨め。類似色で纏めるなら自分らしさを表現するように組み合わせるのがGOOD。

次に、赤・黄・橙色などの暖色系は膨張色なので、実際より大きく見える。

一方、緑・青などの寒色系は後退色なので実際より小さく見える。

これらを組み合わせることで奥行きの有る室内や広がりの有る空間を演出できる。

配色例ではベース色を7割、中間色が2割、アクセント色は1割の配分が上手く配色をするポイントとなる。LDKなど広い面積には、落ち着く色合いでまとめるのがコツ!!

 

関連記事

  1. 家づくりのポイント

    無垢の材料の選び方

    無垢の材料の選び方には、色が薄いもの⇔濃いもの材質が硬いもの⇔…

  2. 家づくりのポイント

    ウッドデッキについて

    ウッドデッキは結構人気がありますね。階数を問わすデッキを設置して建物の…

  3. 家づくりのポイント

    キューブ型の建物

    当社はフォルムとして独自の商品にて家づくりを進めていますが同時…

  4. 家づくりのポイント

    作業の進め方

    当社は少人数で工事現場を打合せから指示、確認をしながら進めています。…

  5. 家づくりのポイント

    打合せについて

    この頃お客様との打合せにLINEを使って打合せをする。結構、使えるツー…

  6. 家づくりのポイント

    家づくりの基本

    基本と言えばやはり土地、土地がなければ家は建ちません。そしてお…

最近の記事

おすすめ記事

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 家づくりのポイント

    ウッドデッキについて
  2. 家づくりのポイント

    冬暖かく夏涼しい家
  3. 建築士の想い

    確認申請について時代を感じます
  4. 家づくりのポイント

    建物のメンテナンス
  5. 家づくりのポイント

    無垢の材料の選び方
PAGE TOP