家づくりのポイント

間取りのマジック!中二階の収納について

最近、中二階の収納のリクエストが増えてきています。

今までは小屋裏収納のように屋根裏に収納を設置するパターンが多い傾向でしたが、この頃は中二階に設置する傾向が喜ばれています。家で使う物を2階の廊下やホールから取り出しが出来ます。

階段で上がる必要が無い分、足腰への負担が減りますので、将来を考えてもメリットが多いのでは無いでしょうか。

特に小屋裏空間を頻繁に使う方には2階のフロアーからの接続は嬉しいですね。中二階の上の部屋は寝室、書斎、WICなど自由に設定する事が可能です。

また階段も6段程度と1階から2階への階段の半分で済みますので、足腰が少々弱い方に嬉しい間取りとなります。

子供が小さい時は遊び場も兼ねることもできますね。また中二階ならではの収納力も結構期待ができます。

小屋裏の様に屋根形状の左右されることが少ないため、大人でしたら中腰で入って行く事が可能です。

ただ行政により規定が少々違うので、依頼する際は中二階プランに慣れている設計士さんにお願いする事が賢明です。

弊社では、多くの中二階事例がございますので、安心して依頼してください。

ピックアップ記事

  1. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!
  2. 長期優良住宅ってなに?
  3. 【重要】基礎工事のポイント
  4. 地盤調査って何?
  5. 無垢床のメリット②

関連記事

  1. フォルムNEWS

    熱交換機を設置するお施主さん増えています!!

    こんにちは!一級建築士事務所フォルム広報部です。弊社で…

  2. 家づくりのポイント

    無垢の材料の選び方

    無垢の材料の選び方には、色が薄いもの⇔濃いもの材質が硬いもの⇔…

  3. 内装

    収納だけじゃない!ニッチを使って部屋にアクセント

    注文住宅の設計で聞かれる「ニッチ」って何?注文住宅を設計士さんと打…

  4. 家づくりのポイント

    「土地」と「地盤」の考え方を分けてみましょう

    地盤、どんな建物も基本地盤の上に建ちます。その地盤が安定しているか、不…

  5. 家づくりのポイント

    間取りのイメージについて

    間取りを考える時、家での滞在時間が比較的長い奥様が使いやすい間取りであ…

  6. 家づくりのポイント

    外構工事で建物は豪華に見えます。

    外構工事で建物の雰囲気がだいぶ変わります。当然、外構工事に費用を掛け…

最近の記事

  1. フォルムのブログ
  2. 一級建築士事務所フォルム

おすすめ記事

  1. 自然素材:一級建築士事務所フォルム
PAGE TOP