家づくりのポイント

建物のメンテナンス

建物は建てたらそれで終わりではありません。

毎日建物を使っているうちにだんだんと古くなりメンテナンスが必要に

なります。内部は時間と共にクロスや壁紙などの材料傷み、床材も傷、へこみ

汚れなど、同じく外部においても雨風にさらされて、かつ太陽光などの紫外線の影響

も無視できません。サイディングなどの材料ですと材料と材料の繋ぎ目の間に防水処理

のためにコーキングを打ちます。コーキングなども紫外線の劣化により時間と共に

弾力性が無くなってしまい、硬くなってしまいます。このようになると交換の

時期になります。外壁の材料では他にガルバニウム鋼板、塗壁、タイル張りなどがあり

それぞれ長所や短所があります。

私としてお奨めはタイル張りがやはりきれいでメンテナンスもさほど気にせず

とても良い材料と思います。でも価格が高いのが欠点ですかね。

でも、10年、20年後のメンテナンスの費用を考えれば初期投資でもかえって安い材料と

思います。これからはタイル張りの建物をお手頃価格で建てられるようがんばります。

 

お問い合わせに多い事前のページ

構造計算は必須です!次のページ

ピックアップ記事

  1. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  2. 2018年1月最終週:今週のフォルムNEWS 一級建築士事務所フォルム
  3. 長期優良住宅ってなに?
  4. 地盤調査って何?
  5. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング

関連記事

  1. 家づくりのポイント

    打合せについて

    この頃お客様との打合せにLINEを使って打合せをする。結構、使えるツー…

  2. 家づくりのポイント

    お問い合わせに多い事

    こんにちは!一級建築士事務所フォルムの広報担当Mです。今回は…

  3. 内装

    印象ががらっと変わる!|注文住宅の室内配色

    |よく考えよう!室内の配色家づくりでも結構悩む…

  4. 家づくりのポイント

    冬暖かく夏涼しい家

    さて、冬暖かく、夏涼しい家ですが現在の家でしたら、断熱材、ガラスなど…

  5. 黄色いソファ

    予算

    みんなの家づくり!何歳ごろに家づくりに着手した!?

    |家づくりの気になるポイント!何歳ごろまでに家づくりに着手した!?…

  6. 家づくりのポイント

    注文住宅|1級建築士が考える現場のポイント

    |1級建築士が考える現場のポイント建物を建てるにあたっては、どのよ…

最近の記事

  1. 一級建築士事務所フォルム:ブログ
  2. 自然素材:一級建築士事務所フォルム

おすすめ記事

PAGE TOP