注文住宅

間取りの失敗例

こんにちは!

一級建築士事務所フォルム広報部です!

今回は、間取りの失敗例について書いていきたいと思います。

こらから注文住宅を建てようといろいろと準備をして、いよいよ間取りをどうしようかと設計士さんと打合せ。

大抵はハウスメーカーを選択する際にラフプランと概略の御見積を頂いているので、その中でメーカー選びの後、依頼先を決定しますよね。

どのように打合せを進めて行くのか、また必要事柄は何かなどスタートする前に準備事項などの確認を行います。

大概は初回のラフプランが希望の内容を汲んで計画されていると思います。その中から自分達が気に入った計画を元に、より細かい点の変更などを経て完成させて行きます。

それでも結構思い違いなどが中には出てしまいます。

計画を進めてみて、各室内は配置が済んだが、よく見てみると収納が思ったより少なかったり、壁面収納にしてみたが、家具の置き方など考慮せず、置き方が変になったり、収納の幅や高さを決めてどの程度使えるか?奥行きで収納ケースなどが納まるかを検討すると、上手に計画出来るポイントです!

次に広さについて

計画すると壁間の寸法で判断しがちですが、実際の有効寸法はどのくらいか確認しておく事が後々、家具が入らないというトラブルを防ぎます。

計画で室内を広く考えて、玄関を狭くしてしまう例が有りますが、あまりお奨めしません。

玄関は家の第一印象を決めてしまいます。

室内が広くても、玄関が狭すぎると、来客時に印象が悪くなりますし、靴の置き場所など普段ちょっと使いたい靴が乱雑になりがちです。さらに、玄関からのリビングダイニング、パントリー動線も重要です。

買い物袋をたくさんぶら下げて、玄関から遠回りしてパントリーでは、毎日のストレスが大きくなりがちです。

玄関から、コート掛けを通ってパントリーへの動線。そして、パントリー動線とは違うリビングへの動線などなど、お施主様によって家事動線のご希望は様々です。

家事動線を意識するばかりに、リビングの配置がご希望と違うケースもございます。住宅が広ければ問題なく家事動線やリビングダイニングの広さはとれますが、基本的に住宅の広さは大きくすると価格が上がってしまい、制限があります。制限内でどれだけの要望、もしくは要望以上のご提案が出来るかはその会社により違います。

室内の家具の寸法を確認しておくのも重要。

リビングも家族に合った広さはどの程度か、住む人の感じ方で違いは出ますが、現在、お住まいの広さから割出してみるのが、結構参考になるものです。

モデルルームなどですと広く計画している場合が多いので、雰囲気に呑まれて、感覚がずれてしまう事もあります。

家族でどの程度の家が丁度よいか、完成見学会など利用してみたりするのも良いでしょう。

通常は4人家族程度でしたら27坪から30坪程度が使いやすい大きさでしょう。

依頼先を決めてから間取りの詳細打ち合わせが始まります。

実際に始まる前に、様々な会社さんの完成見学会やOB宅訪問会、モデルハウス見学などを通して自分達に必要な広さは、具体的に何平米なのか確認しておく事が重要でしょう!

また、打ち合わせでは実際にメジャーなどを使用して通路幅を決めたり、細かい部分まで対応してくれる会社を依頼先として決める事が後々の生活でストレスが少ない居心地の良い住宅になると思います!

もちろん一級建築士事務所フォルムでは、お客様に合わせて各居室の大きさや収納の大きさ、天井高や通路幅など自由に決めていただけます!

ピックアップ記事

  1. 地盤調査って何?
  2. 2018年1月最終週:今週のフォルムNEWS 一級建築士事務所フォルム
  3. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  4. 長期優良住宅ってなに?
  5. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング

関連記事

  1. 土地

    土地探しに必要な7つの法則

    家づくりは家族の事業としては最大なものです。それだけに、最も楽…

  2. 土地

    土地探しに必要な7つの法則Ⅲ

    こんにちは!一級建築士事務所フォルム広報部です!今回も土地につ…

  3. 注文住宅

    プレカット

    木造住宅の構造材と言えば、昔は大工さんが墨付けを行い、手加工で組手を刻…

  4. 内装

    DIYもご希望があれば対応可能です!

    一級建築士事務所フォルム広報部です!最近の家づくりで流行って…

  5. 土地

    土地探しに必要な7つの法則Ⅳ

    「常識をあてにすると損をする。予想外の安い土地については設計力が決め手…

  6. 家づくりのポイント

    注文住宅の現場廻りをして思うこと!

    日頃設計をしながら、今のトレンドを取り入れながら、現場での実際の印象を…

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP