注文住宅

プレカット

木造住宅の構造材と言えば、昔は大工さんが墨付けを行い、手加工で組手を刻んでおりましたが、現代では機械で綺麗に加工を施してしまいます。

一般にはプレカットとは「あらかじめ切断して準備しておく」意味で用いられますが、住宅でも構造材をカットして、継手部分の加工も施して、工場から出荷して現場に運び入れる点が合理化され、搬入後、部材番号に忠実に部材を大工さんが組あげて行きます。

当然、手加工より正確性が上がり、工期も短縮されます。当然品質が安定しますし、コスト面でも削減されます。

しかし良い点ばかりとは限りません。複雑な加工となると、手加工が勝りますし、熟練の宮大工と比べれば、差がついてしまいます。

あくまでも平均的に安定して、現在の職人不足が叫ばれつつある現在では安定した品質が望めます。

ちょっと前までは、ご依頼頂いたお客様を工場見学と称して、建てられる家の部材がどの様に加工されて、現場に搬入されるかを工場へ案内をした時期も有りました。

ちょっと懐かしいなぁ・・

時代の流れに沿って、今ではあまり見かけなくなりました。変わりに材料などの産地を見学するような催しを行っている工務店さんなどお聞きすることがあります。

地域材など知る機会には良いと思います。

代わりに、建物のデザインや設備の性能面、エコがクローズアップされ、住宅のプラン創りもITが欠かせなくなってきました。

これからはバーチャルな世界での表現力が進化するのでしょうね。

小さい所ですが、注意しています。前のページ

建物は建てて終わりではありません!次のページ

ピックアップ記事

  1. 土地探しに必要な7つの法則
  2. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  3. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!
  4. 2018年1月最終週:今週のフォルムNEWS 一級建築士事務所フォルム
  5. 【重要】基礎工事のポイント

関連記事

  1. 注文住宅

    間取りの失敗例

    こんにちは!一級建築士事務所フォルム広報部です!…

  2. 予算

    一級建築士事務所が解説|購入できる物件を年収から試算してみよう!!

    こんにちは!さて今回のお話は、「お金」に関しての話です。…

  3. 設計

    構造計算は必須です!

    今回は構造計算についてご紹介していきたいと思います!建物を設…

  4. 建築士の想い

    建物の品質検査について

    当社には建物を一定の品質にするための検査項目がいくつもあります。…

  5. フォルムNEWS

    注文住宅のお金|頭金はどのくらい必要?

    「注文住宅を建てたい」と検討を始めるとまずは、資金はいくら位必要なのか…

  6. 内装

    話し合いの大切さ|家づくりに縁の下の力持ち

    「縁の下の力持ちとは、人の目につかないところで、他人のために支える苦労…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 自然素材:一級建築士事務所フォルム
PAGE TOP