家づくりのポイント

注文住宅の現場廻りをして思うこと!

日頃設計をしながら、今のトレンドを取り入れながら、現場での実際の印象を再確認すると最近は外観など今までより洗練された形状が好まれるのと、使い勝手を重視した大きさが目立つ気がします。

ベランダなどの例を上げると、今までは910ミリ(有効700程度)が定番です。

しかし、今はそれ以上の幅が好まれる気がします。

当然建物の面積にも気を配らなければいけません。

面が大きくなれば支える部材にも強度が必要になります。

構造計算での結果が現場に行くと大きさに反映されるので、「これほどの部材が必要か?」視覚的には思いますが、計算上は必要な寸法、コスト面でもあれや、これや強度の微調整を構造設計士と話し合い組み込んだ結果建物が出来上がるのです。

数えあげたらキリが無いほど調べて設計しています。

実際の設計寸法との狂いは有るか、無いか、調べた結果を詳細にまとめていく。

現場となると、やはり天候に左右されてしまいます。

雨がふれば建物すっぽり養生をしてしっかり雨から守ります。

特に濡らしてしまいたくない部材もあります。

時々、ずぶ濡れの現場を通りすがり見ることが有りますが、建物を建てている側とすると気持ちのよいものではありませんね。

ちょっと日頃のことを書き綴ってみました。

ピックアップ記事

  1. 無垢床のメリット②
  2. 土地探しに必要な7つの法則
  3. 2018年1月最終週:今週のフォルムNEWS 一級建築士事務所フォルム
  4. 地盤調査って何?
  5. 長期優良住宅ってなに?

関連記事

  1. 家づくりのポイント

    標準仕様で採用している無垢材のメリットとは!?

    みなさまこんにちは!一級建築士事務所フォルムのMです!今週のフ…

  2. 地盤調査

    地盤調査って何?

    こんにちは!一級建築士事務所フォルムの広報担当Mです。今週…

  3. 建築士の想い

    家づくりは学びの場

    家づくりの計画を始められると今まではよきご夫婦として過ごして居…

  4. フォルムNEWS

    宅配ボックスの需要増えてます

    宅配物の受け取りに助かるのが宅配ボックスですね。弊社でも多数の…

  5. 建築士の想い

    ここは気をつけよう!|間取りの失敗点

    間取りの失敗点でも動線の交差やリビングのソファなどの置き場所を通って2…

  6. 内装

    DIYもご希望があれば対応可能です!

    一級建築士事務所フォルム広報部です!最近の家づくりで流行って…

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP