一級建築士事務所フォルム:ブログ

内装

好みのドアの高さはどっち!?H2400とH2000

今回は内装のドアの開放感について好みを考えてみました。

ドアとはいえ、天井の高さまでの高い扉が見た目も良いし、開放感バツグン!

高級感があり、価格も高く見えます。

反対に天井より下がり壁がある高さ2mのドアとなると、開放感は劣りますが、室内の暖房、冷房時の気流をあまり拡散させずに室内を快適な状態に、短時間に出来る利点は有ります。

それぞれ一長一短有りますが、室内のコーディネートをどの様に考えるかで選択してみるのが良いと思います。

クロスなどで統一するようでしたら、天井まで高いドアは仕上がりと良くマッチしてすっきりと見えます。内装を自然素材で仕上げる構成でしたら少しドアは低めの感じが落ち着いた雰囲気になります。

荒板などで個性を表現するには壁面に仕上がりに近いドアを見つけるか、ドアに壁面と同じ材料を張るなど、工夫を凝らして見るのも楽しいです。

既製品の扉になると扉自体の表面の仕上がりがとても綺麗です。

比較的クロス材を使って仕上る室内では天井いっぱいまでのドアは魅力的に見えます。

でも、ちょっと高いドアにも欠点が・・

トイレに使う場合はちょっと音が気になるかも。あと寝室の扉チェック。

開放的な空間演出もTPOに沿った使い方をすると室内の雰囲気がとても居心地のよい空間になります。

一級建築士事務所フォルム:door

 

建物の品質検査について前のページ

【重要】基礎工事のポイント次のページ

ピックアップ記事

  1. 地盤調査って何?
  2. 長期優良住宅ってなに?
  3. 土地探しに必要な7つの法則
  4. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  5. 【重要】基礎工事のポイント

関連記事

  1. 内装

    DIYもご希望があれば対応可能です!

    一級建築士事務所フォルム広報部です!最近の家づくりで流行って…

  2. 基礎

    【重要】基礎工事のポイント

    建物で一番重要な部分と言えば基礎の部位です。確かに他の部分も大…

  3. 家づくりのポイント

    注文住宅|システムキッチン・UB、洗面化粧台

    |システムキッチンの仕様についてキッチンは料理を作る上でとてもデリ…

  4. 建築士の想い

    注文住宅|家づくりの不安は誰にでもあることです。

    家づくりも冬の時期に資料など集めて準備されていた方々が心持ち、ショール…

  5. 建築士の想い

    注文住宅|大工さんは大切な存在

    建物の工事がスタートすると、いろいろな職人さんが各部分の完成のために、…

  6. 家づくりのポイント

    注文住宅|1級建築士が考える現場のポイント

    |1級建築士が考える現場のポイント建物を建てるにあたっては、どのよ…

最近の記事

  1. 自然素材:一級建築士事務所フォルム

おすすめ記事

PAGE TOP