建築士の想い

注文住宅|大工さんは大切な存在

建物の工事がスタートすると、いろいろな職人さんが各部分の完成のために、工事を行って頂きます。

その中でも大工さんは大切な存在です、昔から、棟梁と呼ばれる立場にて、建物の全体の仕様、納まりなどを仕切ってきました。

近年は分業部分が強くなり、大工さんは木材のみの建方や造作などが中心の業務になって、建物の初回の設計は建築士という国家資格を取得した方でないと、確認申請などの手続きができなくなりました。

昔は大工さんが家の設計を行い、図面を作成して、家づくりが行われていました。

その時代からすると、現在は家づくりも、図面を作成して、法律に合うように、申請書を纏めないといけない事まで考えると、大工さんが一から十まで取り仕切る世代ではなくなりました。

しかし、大工さんは、木造の家づくりでは、やはり大切な存在。その腕の良し悪しは建物の品質に影響が出てしま ます。

ですから専属の大工さんが必要になります。

専属の大工さんですと、癖や性格の部分がわかりきっているので、本音で仕事に向き合うことになります。誤魔化せません。

誤魔化すと、次から信頼感が崩れます。失敗もあります。

その場合もどちらが原因か、はっきりします。

ダメな部分は早めから判るのですぐ、変更の手配ができます。

まっすぐに向かえば、なんてことないのですが、人間、失敗は認めたくないもの。

これに向き合うから次から、もっと良くなるのでしょう。

 

一級建築士事務所フォルムの公式HP

https://www.forumu.co.jp/index.html

注文住宅|システムキッチン・UB、洗面化粧台前のページ

間取りのマジック!中二階の収納について次のページ

ピックアップ記事

  1. 土地探しに必要な7つの法則
  2. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング
  3. 【重要】基礎工事のポイント
  4. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!
  5. 無垢床のメリット②

関連記事

  1. 建築士の想い

    建物の品質検査について

    当社には建物を一定の品質にするための検査項目がいくつもあります。…

  2. 本

    予算

    注文住宅にオススメの本はこれだ!

    |注文住宅にオススメの本はこれだ!注文住宅を考えた場合、最初は情報…

  3. 建築士の想い

    初回プランニングで悩むこと:3

    前回、次に整理するには・・の続きですが、専門的にはゾーニングと言って、…

  4. アフター

    注文住宅|気になる建物保証期間の延長とは

    建物保証期間が瑕疵担保責任保険で通常10年間の保険でしたが、現在では有…

  5. 内装

    話し合いの大切さ|家づくりに縁の下の力持ち

    「縁の下の力持ちとは、人の目につかないところで、他人のために支える苦労…

  6. 家づくりのポイント

    注文住宅の現場廻りをして思うこと!

    日頃設計をしながら、今のトレンドを取り入れながら、現場での実際の印象を…

最近の記事

  1. 一級建築士事務所フォルム
  2. 家

おすすめ記事

  1. 自然素材:一級建築士事務所フォルム
PAGE TOP