建築士の想い

注文住宅|大工さんは大切な存在

建物の工事がスタートすると、いろいろな職人さんが各部分の完成のために、工事を行って頂きます。

その中でも大工さんは大切な存在です、昔から、棟梁と呼ばれる立場にて、建物の全体の仕様、納まりなどを仕切ってきました。

近年は分業部分が強くなり、大工さんは木材のみの建方や造作などが中心の業務になって、建物の初回の設計は建築士という国家資格を取得した方でないと、確認申請などの手続きができなくなりました。

昔は大工さんが家の設計を行い、図面を作成して、家づくりが行われていました。

その時代からすると、現在は家づくりも、図面を作成して、法律に合うように、申請書を纏めないといけない事まで考えると、大工さんが一から十まで取り仕切る世代ではなくなりました。

しかし、大工さんは、木造の家づくりでは、やはり大切な存在。その腕の良し悪しは建物の品質に影響が出てしま ます。

ですから専属の大工さんが必要になります。

専属の大工さんですと、癖や性格の部分がわかりきっているので、本音で仕事に向き合うことになります。誤魔化せません。

誤魔化すと、次から信頼感が崩れます。失敗もあります。

その場合もどちらが原因か、はっきりします。

ダメな部分は早めから判るのですぐ、変更の手配ができます。

まっすぐに向かえば、なんてことないのですが、人間、失敗は認めたくないもの。

これに向き合うから次から、もっと良くなるのでしょう。

 

一級建築士事務所フォルムの公式HP

https://www.forumu.co.jp/index.html

注文住宅|システムキッチン・UB、洗面化粧台前のページ

間取りのマジック!中二階の収納について次のページ

ピックアップ記事

  1. 無垢床のメリット②
  2. 土地探しに必要な7つの法則
  3. 2018年1月最終週:今週のフォルムNEWS 一級建築士事務所フォルム
  4. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  5. 【重要】基礎工事のポイント

関連記事

  1. 建築士の想い

    初回プランニングで悩むこと:2

    前回、「プランニングで考える事が多すぎて気が滅入ってしまう事も!!」と…

  2. 内装

    印象ががらっと変わる!|注文住宅の室内配色

    |よく考えよう!室内の配色家づくりでも結構悩む…

  3. アフター

    建物は建てて終わりではありません!

    建物は建てたらそれで終わりではありません。毎日建物を使っている…

  4. 注文住宅

    プレカット

    木造住宅の構造材と言えば、昔は大工さんが墨付けを行い、手加工で組手を刻…

  5. 建築士の想い

    注文住宅のこだわり(広さ、グレード、デザイン、間取り)

    注文住宅となると何かとこだわりが出てきます。建て売り住宅に比べ…

  6. 基礎

    【重要】基礎工事のポイント

    建物で一番重要な部分と言えば基礎の部位です。確かに他の部分も大…

最近の記事

  1. 自然素材:一級建築士事務所フォルム

おすすめ記事

  1. お金
PAGE TOP