内装

キッチン導線について

キッチン廻りと言えば、やはり家族の中では奥様が中心、いまでは主夫と言うくらいご主人が奥様に代わって料理などを振舞うご家族も増えているようです。

どちらにせよ、キッチンをどのように使うのが、楽しく料理を作れるポイントにもなります。

一般的にシステムキッチンにはI型、L型、コの字型など間取り計画の中でどれがよいか使い方を含め検討して決めます。対面キッチンとなると定番ではI型が多いとと思います。

L型、コの字型は独立性が強いキッチンタイプ、より料理に磨きをかけるなど、もう一手間かける方にはお奨めです。

しかし、この頃は共働きなどで時間に追われることも。

家事の時間を少しでも、短い時間で質が良いものに出来ないかとなると、やはり動線(家の中を人が動く時に通ると思われる経路を線であらわしたもの)を見直すことは重要なポイントとなります。

そこでキッチンの形状を動線から考えるとI型がシンプルし使いやすい。家事動線では洗面室、浴室などに短い距離で繋がる経路は、時間の短縮にもなります。

この点を考慮すると、回遊型のように一方向での動きではなく自由に動き廻れる動線が効率の良いことに気づきます。ただ効率ばかりですと、機械的と感じる方もおられると思います。家づくりは十人十色のように、それぞれの価値感や考え方で幾通りにも変わりますが、基本、「使い易い動線にするには」を考えた時共感できるものが、使い易い指標になると思いますので参考にしてください。

注文住宅の間取りのイメージについて前のページ

注文住宅について次のページ

ピックアップ記事

  1. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング
  2. 無垢床のメリット②
  3. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!
  4. 土地探しに必要な7つの法則
  5. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング

関連記事

  1. 予算

    一級建築士事務所が解説|購入できる物件を年収から試算してみよう!!

    こんにちは!さて今回のお話は、「お金」に関しての話です。…

  2. 建築士の想い

    注文住宅のこだわり(広さ、グレード、デザイン、間取り)

    注文住宅となると何かとこだわりが出てきます。建て売り住宅に比べ…

  3. 一級建築士事務所フォルム:ブログ

    内装

    好みのドアの高さはどっち!?H2400とH2000

    今回は内装のドアの開放感について好みを考えてみました。ドアとは…

  4. 地盤調査

    地盤調査って何?

    こんにちは!一級建築士事務所フォルムの広報担当Mです。今週…

  5. 建築士の想い

    注文住宅|大工さんは大切な存在

    建物の工事がスタートすると、いろいろな職人さんが各部分の完成のために、…

  6. 内装

    印象ががらっと変わる!|注文住宅の室内配色

    |よく考えよう!室内の配色家づくりでも結構悩む…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 自然素材:一級建築士事務所フォルム
  2. お金
PAGE TOP