家づくりのポイント

注文住宅について_2

前回のベースとなる部分。

ベースとは、家づくりの道筋を立てること。

言い換えれば人生設計、よく保険などで説明される内容で考えるとよく解ると思います。

家づくりの流れが、今自分達の年齢と照らし合わせることで、現在位置を知って、そこにお金という経済を組み合わせます。

すると家族という単位で考えるか、個という単位で考えるかの違いこそあれ、どのタイミングが家という買い物に最も近くなるかが見えてきます。

そこが見えてくると、その為の準備となるわけです。

そこで、ここからは実際の要望などを具体的に整理します。

どんな暮らしをしたいのかを家族と話し合っていきます。それぞれの要望などを纏めていくと、家の構成が見えてきます。

また、その要望の家づくりをしている建築会社を要望に沿って探していきます。

当然要望がはっきりしているので、内容に合った建物を提案してくれます。

こうする事でスムーズに希望の注文住宅を完成させる事ができます。しかし、ここで浮上してくるのが、お金です。

マネープランが要望と、どう合致させられるかが先々の生活を安定させるか、不安定にさせるかの分かれ道。

どうしても希望を優先してオーバーローンを組んでしまうと、返済という壁に先々悩まされます。かといって、あれもだめ、これもだめでは注文住宅の良さが生かされず、不満が残ります。

しっかり自分の予算を把握して無理のない資金計画を立てる。

ローンの組み方は金利というお金が元金と組み合わされるだけに、そこの金利をどう最小で押さえられるかがポイントになります。掛かる費用を算出してみる事が大切ですね。

専門家に相談するのが良いとアドバイスするところもあるが、実際には自分で計算してみるのが最も良いのです。人任せばかりでは、いざという時には自分で判断がつかないのです。

高い、安い、の問題よりどうしたら心配のない返済ができるか。ここが大切な所なのです。

ポイントがずれてしまうので、高い、安い、などに振り回されてしまうのです。

注文住宅について前のページ

素材を生かした家づくりについて次のページ

ピックアップ記事

  1. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!
  2. 土地探しに必要な7つの法則
  3. 【重要】基礎工事のポイント
  4. 長期優良住宅ってなに?
  5. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング

関連記事

  1. 黄色いソファ

    予算

    みんなの家づくり!何歳ごろに家づくりに着手した!?

    |家づくりの気になるポイント!何歳ごろまでに家づくりに着手した!?…

  2. 家づくりのポイント

    注文住宅設備の充実度

    一級建築士事務所フォルム広報部です!今回は、注文住宅設備の充実…

  3. 内装

    収納だけじゃない!ニッチを使って部屋にアクセント

    注文住宅の設計で聞かれる「ニッチ」って何?注文住宅を設計士さんと打…

  4. 家づくりのポイント

    注文住宅の間取りのイメージについて

    間取りを考える時、家での滞在時間が比較的長い奥様が使いやすい間取りであ…

  5. 家づくりのポイント

    建物のメンテナンス

    建物は建てたらそれで終わりではありません。毎日建物を使っているうち…

  6. アフター

    注文住宅|気になる建物保証期間の延長とは

    建物保証期間が瑕疵担保責任保険で通常10年間の保険でしたが、現在では有…

最近の記事

  1. 一級建築士事務所フォルム

おすすめ記事

  1. 自然素材:一級建築士事務所フォルム
PAGE TOP