内装

印象ががらっと変わる!|注文住宅の室内配色

|よく考えよう!室内の配色

 

家づくりでも結構悩むのが、室内の配色のバランス。内装材をどれにするかで内部の仕上がりに違いがでます。配色のバランスで躍動的な室内にもなりますし、落ち着いた雰囲気の室内にもなります。

当然、明るさの明度や素材の鮮やかやの度合いを示す彩度によっても雰囲気が違ってきます。

床材を明るめの色、壁と家具を白系にすることで、爽やかな感じの雰囲気に床材を暗めの色、壁材は白、カーテンを紺系色などでは落ち着いた雰囲気に

部分的に色合いの違いをはっきりすることで快活な雰囲気になります。

(ただし面積は絞ってアクセントで使うことがポイント。)

全体にくすんだ色合いの構成では、室内のメリハリが無い分、広い空間の雰囲気を演出できます。

また、色の組合せの表現として、同系色は濃淡でオーソドックスな表現に、反対色ではインパクトを出したい場合はお奨め。類似色で纏めるなら自分らしさを表現するように組み合わせるのがGOOD。

次に、赤・黄・橙色などの暖色系は膨張色なので、実際より大きく見えます。

一方、緑・青などの寒色系は後退色なので実際より小さく見えます。

これらを組み合わせることで奥行きの有る室内や広がりの有る空間を演出でき、

配色例ではベース色を7割、中間色が2割、アクセント色は1割の配分が上手く配色をするポイントとなります。

LDKなど広い面積には、落ち着く色合いでまとめるのがコツ!!18

家づくりは解らないこともいっぱい!前のページ

「土地」と「地盤」の考え方を分けてみましょう次のページ

ピックアップ記事

  1. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング
  2. 地盤調査って何?
  3. 土地探しに必要な7つの法則
  4. 長期優良住宅ってなに?
  5. 無垢床のメリット②

関連記事

  1. フォルムNEWS

    今週のフォルムNEWS!!

    こんにちは〜(*^o^*)一級建築士事務所フォルムのMです!…

  2. 建築士の想い

    注文住宅のこだわり(広さ、グレード、デザイン、間取り)

    注文住宅となると何かとこだわりが出てきます。建て売り住宅に比べ…

  3. お金

    予算

    住宅ローン|変動金利と固定金利の違いとは

    |住宅ローンのパターン住宅ローンは民間型と公的型に分かれていますが…

  4. 土地

    土地探しに必要な7つの法則Ⅴ

    「安全な土地は調査と専門対策が決め手」建物を建てる地域によって…

  5. フォルムNEWS

    フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング

    みなさまこんにちは!今週のフォルムNEWSです!&nb…

  6. 家づくりのポイント

    注文住宅について

    「注文住宅」について、一戸建ての住宅を建てようとと思っても、ちょっと面…

最近の記事

  1. 黄色いソファ

おすすめ記事

PAGE TOP