フォルムNEWS

注文住宅|家づくりに必要な予算について考えてみましょう。

|価格に影響する要素 

広さ:広い家となると当然費用は高くなります。

グレード:良い物を選んで取り揃えればこれも費用は上がっていきます。

デザイン:こちらはデザインに凝れば凝るほど高くなります。

間取り:部屋数を多くすることで費用も上がります。

 

これらを総合してどの程度が自分たちに合った家づくりか予算と見比べながら決めて行きます。

四つの内容を配置してどこの部分が自分たちに合った建物になるのかじっくりと計画を練ってみます。

はじめは物事に翻弄されて『情報を聞けば聞くほど、何が何だか解らなくなる。』

と言う方も居られます。

その時は心穏やかにして瞑想してみるのもよいのかもしれません。

心を落ち着けて見直してみると、案外必要のないものに執着していたり

時間的に後回しにしても良い物などが見えてくる事もあります。

新築後の生活は今までの生活とはガラット変わります。

ある程度整理する心構えで居られるのが、引越し後の整理整頓の手助けとなるかも知れません。

注文住宅の建築現場と職人さんの話前のページ

注文住宅|1級建築士が考える現場のポイント次のページ

ピックアップ記事

  1. 2018年1月最終週:今週のフォルムNEWS 一級建築士事務所フォルム
  2. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  3. 地盤調査って何?
  4. 土地探しに必要な7つの法則
  5. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!

関連記事

  1. 家づくりのポイント

    「土地」と「地盤」の考え方を分けてみましょう

    地盤、どんな建物も基本地盤の上に建ちます。その地盤が安定しているか、不…

  2. 家づくりのポイント

    無垢の材料の選び方

    無垢の材料の選び方には、色が薄いもの⇔濃いもの材質が硬いもの⇔…

  3. 家づくりのポイント

    注文住宅|システムキッチン・UB、洗面化粧台

    |システムキッチンの仕様についてキッチンは料理を作る上でとてもデリ…

  4. フォルムNEWS

    地盤調査についてご紹介!

    こんにちは!一級建築士事務所フォルムの広報担当Mです。今週…

  5. 家づくりのポイント

    間取りのマジック!中二階の収納について

    最近、中二階の収納のリクエストが増えてきています。今までは小屋…

  6. 家づくりのポイント

    キューブ型の建物

    当社はフォルムとして独自の商品にて家づくりを進めていますが同時…

最近の記事

  1. 本

おすすめ記事

PAGE TOP