予算

注文住宅|施主支給による工事

通常はハウスメーカーに家づくりを依頼すると、ほとんどは依頼先が資材や設備機器などを用意して、段取り表に従い、工事を進めてくれます。

お客様は打合せのテーブルに着くのみ。打合せにてプラン計画、仕様、色など提示されるものから選択をして、自分達にあったコーディネイトを構成していきます。

打合せを済ませることで、進捗状況を聞きながら、時々内覧させて頂く。

あとは引渡しなどの細かい手続きなどの手筈を進めていきますが、中には、予算の節約や内装のこだわりなどで、お客様から設備や器具の支給、はたまた仕上げ材などを自分達で調達して、仕上げを家族で行うなどの工事が要望されることがあります。

大概はお受けしますが、時々、発注の際、確認不足で搬入された状態が想定外の場合もあります。

十分にご説明をさせて頂きますが、特に写真などで、完成されて搬入される場合は問題ありませんが、現場にて組み立てが生ずる搬入を未確認にて依頼されて、困惑する場合もありますので十分発注の際は確認をしておく事が大切です。

解らない場合は家づくりを依頼した会社に相談するのも良いと思います。ただし、受け付けて頂けない場合も有りますので、事前に確認をしておきましょう。

思い出創りなどで塗壁などを選択した場合は範囲を大きめにせず、自分達で出来る範囲を決めて作業するのが良いと思います。案外と広範囲が出来ると思い、実際作業してから思うように進まないことに気づいても、自分が大変になります。

必要なら、職人さんに横についてもらい指導も含め作業することで、要領を掴み易くなりますので、楽しい作業となります。楽しい思い出創りに、「職人さんと一緒に作業させてもらう。」家族で出来る範囲で取組むのも良いかもしれませんね。

設計事務所が解説|外壁について前のページ

注文住宅の建築現場と職人さんの話次のページ

ピックアップ記事

  1. 長期優良住宅ってなに?
  2. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  3. 土地探しに必要な7つの法則
  4. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング
  5. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!

関連記事

  1. フォルムのブログ

    基礎

    最近の住宅事情について

    家づくりも何かと、この頃は気にかかるニュースも聞きます。最近で…

  2. 内装

    キッチン導線について

    キッチン廻りと言えば、やはり家族の中では奥様が中心、いまでは主夫と言う…

  3. 一級建築士事務所フォルム:ブログ

    内装

    好みのドアの高さはどっち!?H2400とH2000

    今回は内装のドアの開放感について好みを考えてみました。ドアとは…

  4. 建築士の想い

    初回プランニングで悩むこと:3

    前回、次に整理するには・・の続きですが、専門的にはゾーニングと言って、…

  5. 土地

    土地探しに必要な7つの法則Ⅲ

    こんにちは!一級建築士事務所フォルム広報部です!今回も土地につ…

  6. 家づくりのポイント

    注文住宅の現場廻りをして思うこと!

    日頃設計をしながら、今のトレンドを取り入れながら、現場での実際の印象を…

最近の記事

  1. 自然素材:一級建築士事務所フォルム

おすすめ記事

PAGE TOP