アフター

建物は建てて終わりではありません!

建物は建てたらそれで終わりではありません。

毎日建物を使っているうちにだんだんと古くなりメンテナンスが必要になります。

その分家族との生活が建物にいろいろな形で刻まれます。

当然、時間と共にクロスや壁紙などの材料傷み、床材も傷、へこみ汚れなど、同じく外部においても雨風にさらされて、かつ太陽光などの紫外線の影響も無視できません。

外壁ですと、サイディングを張っていることが多いと思います。

サイディングの場合は、材料と材料の繋ぎ目の間に防水処理のために、コーキングを打ちます。

そのコーキングが、紫外線の劣化により時間と共に弾力性が無くなってしまい、硬くなってしまいます。

このようになると交換の時期になります。

外壁の材料には、他にガルバニウム鋼板、塗壁、タイル張りなどがありますが、塗装ですと材料の使い方で長く持つ場合もありますし、短くもなります。メーカーの規定があるので職人さんにその規定を守ってもらうことで、良質な仕上がりになります。

ガルバニウム鋼板、タイル仕上げの場合ですと、メンテナンス時期を長くすることが出来ます。

10年、20年後のメンテナンスの費用を考えれば初期投資で少し良い材料を使うのが全体の費用的には安くなると思います。

それぞれの一長一短を設計の方と相談されながら進めるのが良いでしょう!

素材を生かした家づくりについて前のページ

自然素材を使った家づくり次のページ自然素材:一級建築士事務所フォルム

ピックアップ記事

  1. 長期優良住宅ってなに?
  2. 【重要】基礎工事のポイント
  3. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング
  4. 地盤調査って何?
  5. 無垢床のメリット②

関連記事

  1. 本

    予算

    注文住宅にオススメの本はこれだ!

    |注文住宅にオススメの本はこれだ!注文住宅を考えた場合、最初は情報…

  2. 土地

    土地探しに必要な7つの法則

    家づくりは家族の事業としては最大なものです。それだけに、最も楽…

  3. 建築士の想い

    初回プランニングで悩むこと:2

    前回、「プランニングで考える事が多すぎて気が滅入ってしまう事も!!」と…

  4. アフター

    注文住宅|気になる建物保証期間の延長とは

    建物保証期間が瑕疵担保責任保険で通常10年間の保険でしたが、現在では有…

  5. 予算

    一級建築士事務所が解説|購入できる物件を年収から試算してみよう!!

    こんにちは!さて今回のお話は、「お金」に関しての話です。…

  6. 建築士の想い

    建物の品質検査について

    当社には建物を一定の品質にするための検査項目がいくつもあります。…

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP