アフター

建物は建てて終わりではありません!

建物は建てたらそれで終わりではありません。

毎日建物を使っているうちにだんだんと古くなりメンテナンスが必要になります。

その分家族との生活が建物にいろいろな形で刻まれます。

当然、時間と共にクロスや壁紙などの材料傷み、床材も傷、へこみ汚れなど、同じく外部においても雨風にさらされて、かつ太陽光などの紫外線の影響も無視できません。

外壁ですと、サイディングを張っていることが多いと思います。

サイディングの場合は、材料と材料の繋ぎ目の間に防水処理のために、コーキングを打ちます。

そのコーキングが、紫外線の劣化により時間と共に弾力性が無くなってしまい、硬くなってしまいます。

このようになると交換の時期になります。

外壁の材料には、他にガルバニウム鋼板、塗壁、タイル張りなどがありますが、塗装ですと材料の使い方で長く持つ場合もありますし、短くもなります。メーカーの規定があるので職人さんにその規定を守ってもらうことで、良質な仕上がりになります。

ガルバニウム鋼板、タイル仕上げの場合ですと、メンテナンス時期を長くすることが出来ます。

10年、20年後のメンテナンスの費用を考えれば初期投資で少し良い材料を使うのが全体の費用的には安くなると思います。

それぞれの一長一短を設計の方と相談されながら進めるのが良いでしょう!

フォルムNEWS!!間取り以外で気をつけるべき「動線計画」とは前のページ

今週のフォルムNEWS!!次のページ

ピックアップ記事

  1. 土地探しに必要な7つの法則
  2. 【重要】基礎工事のポイント
  3. 2018年1月最終週:今週のフォルムNEWS 一級建築士事務所フォルム
  4. 地盤調査って何?
  5. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング

関連記事

  1. 基礎

    【重要】基礎工事のポイント

    建物で一番重要な部分と言えば基礎の部位です。確かに他の部分も大…

  2. フォルムNEWS

    家づくりの流れ

    家づくりとなると、初めはどのようにして物事を進めて行ったら良いのか…

  3. フォルムNEWS

    注文住宅のお金|頭金はどのくらい必要?

    「注文住宅を建てたい」と検討を始めるとまずは、資金はいくら位必要なのか…

  4. 予算

    注文住宅|施主支給による工事

    通常はハウスメーカーに家づくりを依頼すると、ほとんどは依頼先が資材や設…

  5. 建築士の想い

    注文住宅|大工さんは大切な存在

    建物の工事がスタートすると、いろいろな職人さんが各部分の完成のために、…

  6. 注文住宅

    プレカット

    木造住宅の構造材と言えば、昔は大工さんが墨付けを行い、手加工で組手を刻…

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP