一級建築士事務所フォルム

土地

注文住宅の土地探し(現場編)

一級建築士事務所フォルムでは、お土地探しからお手伝いすることも多いです。

土地の資料をお送りして、予算にあった土地を順次見て廻りながら日当たりや道路の接道、幅、車が出し入れは問題ないかな? 気になる点を話ながら敷地をまわってみます。

「この敷地いかがですか?」と尋ねてみる。

「う~ん。そうですね。」

なんとなく浮かぬ返事。初めて家を建てようと、決めてから日夜、不動産の情報誌とにらめっこ。

「初めて自分が購入する土地を目の当たりにしてみても、良いのか、悪いのか、検討もつきません。当然、すぐには分かりません。次の物件を見たいです。」

少々、お疲れ気味。お客様と少し会話しながら、

「気に入る土地、見つかりませんね!」

「いや~ホントにないですね。」と言いつつ、

「それなら、要望の範囲のハードルを下げて探しましょう。」となります。

気に入った土地を探そうと思うと案外時間が掛かるものです。

ちょっと話は変わりますが、

不動産業者にしてみれば、買い手の御客さんも大切だけれど、土地を売ってくれる売主はもっと大切な存在、売るものが無ければ商売はできません。

そこで少しでも、土地を売ってくれる売主がいると「専任媒介で」との話になる。

「専任媒介とは」簡単に言うと「売主が宅建業者に販売を依頼した場合、3か月の期間、優先的に販売ができる約束をした。」という内容。売主からすると、理由があって売りたいのですから、早めに事は進めたいのです。

すると、販売会社は優先的に顧客となっている方や広告によって、お問合せの早い方から販売をして行きます。

何が言いたいのかと言うと、良い土地は案外早めに買い手が付きます。

候補として残しておいて、いくつかの物件を比較してよい物を決める。

もっとも理想なやり方です。

しかし現実はそんな悠長に構えてはおれません。

ある意味、直感的に「いいな~」と感じることも大切だと思います!

ただ、思いたって急に決めた、という場合もあります。

こういう時は、案外と日頃から意識していたので本能的に感じ取った事と、並びに説明された内容が、うまく自分が考えていた事と噛み合ったので、すぐ決められたのです。

日頃から時間が有れば、土地情報の本などに、目を通すのも良いかと思います。

忙しい日々を過ごされている方には、不動産の店頭に、貼ってある物件の貼紙を、書き取ってインターネットで調べるのも良いかもしれません。

でも基本、探すセオリーは一緒なので、普段から調べるくせを付けると良いですね。

家間取りってどうやって考えているの?前のページ

DIYもご希望があれば対応可能です!次のページ

ピックアップ記事

  1. 土地探しに必要な7つの法則
  2. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  3. 無垢床のメリット②
  4. 長期優良住宅ってなに?
  5. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング

関連記事

  1. 内装

    話し合いの大切さ|家づくりに縁の下の力持ち

    「縁の下の力持ちとは、人の目につかないところで、他人のために支える苦労…

  2. 自然素材:一級建築士事務所フォルム

    内装

    自然素材を使った家づくり

    このごろは自然素材の住宅への関心が高く、自然素材を使った家づくりが好印…

  3. 家づくりのポイント

    家づくりの基本

    基本と言えばやはり土地、土地がなければ家は建ちません。そしてお…

  4. 家づくりのポイント

    無垢の材料の選び方

    無垢の材料の選び方には、色が薄いもの⇔濃いもの材質が硬いもの⇔…

  5. 予算

    一級建築士事務所が解説|購入できる物件を年収から試算してみよう!!

    こんにちは!さて今回のお話は、「お金」に関しての話です。…

  6. 土地

    土地探しに必要な7つの法則Ⅲ

    こんにちは!一級建築士事務所フォルム広報部です!今回も土地につ…

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP