土地

土地探しに必要な7つの法則Ⅴ

「安全な土地は調査と専門対策が決め手」

建物を建てる地域によって、土地に対しての建物面積制限があります。

建ペイ率、容積率というもの。

ネットで検索するとすぐ説明してくれるページが出てきます。

各地域の都市計画によって決められています。

他に防火地域、準防火地域なども建物構造、仕上げなどの制限がされています。

その他いろいろありますが、建物価格に大きく影響する点でも有りますので

学んでおく必要はあると思います。

土地が狭い場合で建ぺい率、容積率が高い場合は、ホームエレベーターを考慮に入れた

計画にすると、土地面積を小さくできるので、土地に掛かる費用が押えられます。

老後の対策にも有効です。

土地探しに必要な7つの法則Ⅳ前のページ

注文住宅にオススメの本はこれだ!次のページ本

ピックアップ記事

  1. 長期優良住宅ってなに?
  2. 土地探しに必要な7つの法則
  3. 地盤調査って何?
  4. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  5. 【重要】基礎工事のポイント

関連記事

  1. 基礎

    知っておこう!|注文住宅の建物に係わる工事店②

    いよいよ上棟の準備となります。上棟には通常ですと荷揚げ用の重機を用意、…

  2. アフター

    建物は建てて終わりではありません!

    建物は建てたらそれで終わりではありません。毎日建物を使っている…

  3. フォルムNEWS

    注文住宅のお金|頭金はどのくらい必要?

    「注文住宅を建てたい」と検討を始めるとまずは、資金はいくら位必要なのか…

  4. 予算

    注文住宅|住宅ローンの借り換えのメリットとは?

    ■注文住宅|住宅ローンの借り換えのメリットとは?住宅ローンの借り換…

  5. 注文住宅

    無垢床のメリット②

    こんにちは!一級建築士事務所フォルムの広報担当Mです!…

  6. 建築士の想い

    注文住宅|家づくりの不安は誰にでもあることです。

    家づくりも冬の時期に資料など集めて準備されていた方々が心持ち、ショール…

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP