注文住宅

プレカット

木造住宅の構造材と言えば、昔は大工さんが墨付けを行い、手加工で組手を刻んでおりましたが、現代では機械で綺麗に加工を施してしまいます。

一般にはプレカットとは「あらかじめ切断して準備しておく」意味で用いられますが、住宅でも構造材をカットして、継手部分の加工も施して、工場から出荷して現場に運び入れる点が合理化され、搬入後、部材番号に忠実に部材を大工さんが組あげて行きます。

当然、手加工より正確性が上がり、工期も短縮されます。当然品質が安定しますし、コスト面でも削減されます。

しかし良い点ばかりとは限りません。複雑な加工となると、手加工が勝りますし、熟練の宮大工と比べれば、差がついてしまいます。

あくまでも平均的に安定して、現在の職人不足が叫ばれつつある現在では安定した品質が望めます。

ちょっと前までは、ご依頼頂いたお客様を工場見学と称して、建てられる家の部材がどの様に加工されて、現場に搬入されるかを工場へ案内をした時期も有りました。

ちょっと懐かしいなぁ・・

時代の流れに沿って、今ではあまり見かけなくなりました。変わりに材料などの産地を見学するような催しを行っている工務店さんなどお聞きすることがあります。

地域材など知る機会には良いと思います。

代わりに、建物のデザインや設備の性能面、エコがクローズアップされ、住宅のプラン創りもITが欠かせなくなってきました。

これからはバーチャルな世界での表現力が進化するのでしょうね。

 

 

一級建築士事務所フォルムは、suumoポータルサイトの神奈川県イベントランキング・関東イベントランキングで2位の設計相談会を実施中です。

suumo工務店ランキング/イベントランキング掲載中のフォルムののイベントはこちら

一級建築士事務所フォルムの公式HP

キッチン導線について前のページ

注文住宅|システムキッチン・UB、洗面化粧台次のページ

ピックアップ記事

  1. 無垢床のメリット②
  2. 【重要】基礎工事のポイント
  3. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  4. 2018年1月最終週:今週のフォルムNEWS 一級建築士事務所フォルム
  5. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!

関連記事

  1. フォルムNEWS

    家づくりの流れ

    家づくりとなると、初めはどのようにして物事を進めて行ったら良いのか…

  2. 一級建築士事務所フォルム

    アフター

    トラブルについて

    家づくりについて、多少なりトラブルなどを経験することもあるかと思います…

  3. 注文住宅

    無垢床のメリット②

    こんにちは!一級建築士事務所フォルムの広報担当Mです!…

  4. 建築士の想い

    注文住宅|大工さんは大切な存在

    建物の工事がスタートすると、いろいろな職人さんが各部分の完成のために、…

  5. アフター

    建物は建てて終わりではありません!

    建物は建てたらそれで終わりではありません。毎日建物を使っている…

  6. 内装

    キッチン導線について

    キッチン廻りと言えば、やはり家族の中では奥様が中心、いまでは主夫と言う…

最近の記事

  1. 家

おすすめ記事

PAGE TOP