建築士の想い

確認申請について時代を感じます

確認申請機関も規制緩和からは

民間でも行えるようになり、スピーディな審査を行えるようになったお陰で

確認取得の時間が短縮されたのでとても助かります。

しかし、反面いろいろな付加提出書類も増えてきました。

図面を書いて、書類を作成、整合し大変といえば大変かな!

慣れとは怖いものでその煩雑な内容も適宜にこなせてしまっている自分に

恐ろしさを感じることもあります。「これって本当に大丈夫」って

でも、今は建築に関するソフトのお陰で何度も検証がリアルに行える。

その結果、お引渡しした建物の住み心地をお聞きするたび建物の安全度の

最終確認できます。その積み重ねでより計画から建物の強度が解るように

なります。昔の図面は手書きでしたから懐かしいです。

 

家を建てさせて頂くのも縁でしょか前のページ

家づくりは学びの場次のページ

ピックアップ記事

  1. 土地探しに必要な7つの法則
  2. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  3. 【重要】基礎工事のポイント
  4. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング
  5. 無垢床のメリット②

関連記事

  1. 建築士の想い

    建物の品質検査について

    当社には建物を一定の品質にするための検査項目がいくつもあります。…

  2. 建築士の想い

    初回プランニングで悩むこと:2

    前回、「プランニングで考える事が多すぎて気が滅入ってしまう事も!!」と…

  3. 建築士の想い

    注文住宅のこだわり(広さ、グレード、デザイン、間取り)

    注文住宅となると何かとこだわりが出てきます。建て売り住宅に比べ…

  4. 建築士の想い

    家づくりは学びの場

    家づくりの計画を始められると今まではよきご夫婦として過ごして居…

  5. フォルムのブログ

    基礎

    最近の住宅事情について

    家づくりも何かと、この頃は気にかかるニュースも聞きます。最近で…

  6. 家

    家づくりのポイント

    間取りってどうやって考えているの?

    |間取りってどうやって考えているの?間取りとなると、みなさん気にな…

最近の記事

おすすめ記事

  1. 自然素材:一級建築士事務所フォルム
PAGE TOP