建築士の想い

確認申請について時代を感じます

確認申請機関も規制緩和からは

民間でも行えるようになり、スピーディな審査を行えるようになったお陰で

確認取得の時間が短縮されたのでとても助かります。

しかし、反面いろいろな付加提出書類も増えてきました。

図面を書いて、書類を作成、整合し大変といえば大変かな!

慣れとは怖いものでその煩雑な内容も適宜にこなせてしまっている自分に

恐ろしさを感じることもあります。「これって本当に大丈夫」って

でも、今は建築に関するソフトのお陰で何度も検証がリアルに行える。

その結果、お引渡しした建物の住み心地をお聞きするたび建物の安全度の

最終確認できます。その積み重ねでより計画から建物の強度が解るように

なります。昔の図面は手書きでしたから懐かしいです。

 

家を建てさせて頂くのも縁でしょか前のページ

家づくりは学びの場次のページ

ピックアップ記事

  1. 地盤調査って何?
  2. 2018年1月最終週:今週のフォルムNEWS 一級建築士事務所フォルム
  3. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング
  4. 無垢床のメリット②
  5. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング

関連記事

  1. 建築士の想い

    鬼門・裏鬼門 なぜ大事なの?

    |鬼門・裏鬼門が大事と言われる理由を知ろう!私…

  2. 家づくりのポイント

    家づくりの基本

    基本と言えばやはり土地、土地がなければ家は建ちません。そしてお…

  3. お金

    予算

    建物にかける費用ってみんなどのくらい?

    建物にかける費用はどのくらい?今回は家づくりについて、建てられた方…

  4. 建築士の想い

    設計の余談話

    今回は当社の設計で打合せの状況をお話しようと思います。設計と…

  5. 一級建築士事務所フォルム

    アフター

    トラブルについて

    家づくりについて、多少なりトラブルなどを経験することもあるかと思います…

  6. 建築士の想い

    注文住宅|大工さんは大切な存在

    建物の工事がスタートすると、いろいろな職人さんが各部分の完成のために、…

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP