家づくりのポイント

作業の進め方

当社は少人数で工事現場を打合せから指示、確認をしながら進めています。

当然パソコンやタブレットは必需品です。

常に図面変更をパソコン内にて行うことで結果を早く反映できます。

営業から打合せ、設計、確認提出、現場進捗、お引渡し、財務ととても

これらを1人や2人で出来るか、初めはやる事がいっぱいで毎日がめまぐるしい

日々、でも経験とスケジュール管理など、全般にシステム化を考えてから

時間に余裕が出てきました。よく他の人から聞かれます。

よく1人、2人で出来ますね。今では十分できます。かつ経費が最小ですむので

小回りがききます。確かに人数が多ければ、私一人が行う作業は減ります。

しかし管理が増えます。どちらかが減ると、どちらかが増えます。結果バランス

という天秤を考えることになります。

いまでは当社の専属大工さんには当社のシステム化を説明しながらより合理的に

しかし、お客様対応などの人と人との関係性を損なわぬ様意見交換をしています。

そうやって現場の細かい点まで見落とさない管理を追及しています。

 

キューブ型の建物前のページ

玄関廻りについて次のページ

ピックアップ記事

  1. 長期優良住宅ってなに?
  2. 【重要】基礎工事のポイント
  3. 土地探しに必要な7つの法則
  4. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!
  5. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング

関連記事

  1. 家づくりのポイント

    建物のメンテナンス

    建物は建てたらそれで終わりではありません。毎日建物を使っている…

  2. 家づくりのポイント

    注文住宅について

    「注文住宅」について、一戸建ての住宅を建てようとと思っても、ちょっと面…

  3. フォルムNEWS

    注文住宅の建築現場と職人さんの話

    注文住宅の建築現場と職人さんの話について今回はまとめていきたいと思いま…

  4. アフター

    注文住宅|気になる建物保証期間の延長とは

    建物保証期間が瑕疵担保責任保険で通常10年間の保険でしたが、現在では有…

  5. 家づくりのポイント

    注文住宅|システムキッチン・UB、洗面化粧台

    |システムキッチンの仕様についてキッチンは料理を作る上でとてもデリ…

  6. フォルムNEWS

    フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング

    みなさまこんにちは!今週のフォルムNEWSです!&nb…

最近の記事

おすすめ記事

PAGE TOP