設計

小さい所ですが、注意しています。

小さい所ですが、電気配線なども経路が判るように、色分けしています。

通常はグレー色の線で室内を配線します。でも今まで当社も1色で配線していました。

工事店と配線のチェックをする段階で各行き先が何処でと、工事店さんがマジックなどで

配線に書いていましたが、チェックの段階になると、「判りにくいな」と感じるようになり

色分けをすれば、配線の行き先が判り、ついでに配線に行き先の刻印も押してもらえば

すべて解決、早速、配線会社と交渉、また一歩前に進むことが出来ました。

工事店の方と話して「これならはっきりとしているので判りやすい。」と好評

良かった、小さい点ですが丁寧に大切な建物を完成させていきます。

土地探しに必要な7つの法則Ⅴ前のページ

プレカット次のページ

ピックアップ記事

  1. フォルムNEWS:変形地への対応を可能にするプランニング
  2. 無垢床のメリット②
  3. 地盤調査って何?
  4. 注文住宅の現場廻りをして思うこと!
  5. フォルムNEWS:デザイン階段のかっこいいプランニング

関連記事

  1. 設計

    構造計算は必須です!

    今回は構造計算についてご紹介していきたいと思います!建物を設…

  2. 建築士の想い

    鬼門・裏鬼門 なぜ大事なの?

    |鬼門・裏鬼門が大事と言われる理由を知ろう!私…

  3. 家づくりのポイント

    注文住宅|1級建築士が考える現場のポイント

    |1級建築士が考える現場のポイント建物を建てるにあたっては、どのよ…

  4. 注文住宅

    プレカット

    木造住宅の構造材と言えば、昔は大工さんが墨付けを行い、手加工で組手を刻…

  5. 基礎

    基礎工事の現場確認

    基礎工事の配筋を現場で確認一級建築士事務所フォルムでは、基礎の配筋…

  6. 建築士の想い

    ここは気をつけよう!|間取りの失敗点

    間取りの失敗点でも動線の交差やリビングのソファなどの置き場所を通って2…

最近の記事

  1. 一級建築士事務所フォルム

おすすめ記事

PAGE TOP